産業PCおてがら屋とは
PC製作事例一覧
試作機製作サービス・評価機貸出サービス

ご利用の流れ

FAQ

お客様の声

取引実績

サポート

サポート

テガラならではの産業PCに関する情報を公開しています
技術情報・PC関連記事
 テガラ運営サイト

研究PCおてがら屋:技術情報ページ

HOME > PC-SPE009 CAE 有限要素法解析ソフトウェアの動作に最適なPC

産業用PCの提案事例
NVIDIA
見積もり依頼
掲載事例と同等、もしくは近い仕様でのPC製作をご希望の方は上のボタンよりお問い合わせください。
Windows7
Xeon
pci-e_gen2
PCI
納期2~3週間
提案事例
CAE 有限要素法解析ソフトウェアの
動作に最適なPC
(事例No. PC-SPE009 2013年2月更新)
50万円という予算内でCAEソフトウェアで使用されることを想定してPCを製作した事例です。CPU性能よりもメモリが最も重要なため、予算内でとにかくメモリ容量を増やしています。また、OpenGLを使用するためグラフィックボードはミドルレンジのQuadroを搭載しました。ストレージには高速なSSDとして定評のある「Crucial m4」を搭載しました。
参考価格(税別、送料込み)
¥443,000-
参考納期:14~21営業日
ご提案仕様の一例
テガラでご提供する製品はすべてカスタマイズされたシステムです。
これまでのお見積もりや納入した製品を「ご提案事例」として掲載しています
(このため仕様および価格は変更となる場合があります)。
OS Microsoft Windows 7 Professional 64bit 日本語版
チップセット Intel C204 PCH chipset
CPU Xeon E3-1230v2 3.30GHz(TB 3.70GHz)/8MB 4Core
メモリ 合計 32GB DDR3-1600 8GB PC3-12800 ECC Unbuffered ×4
HDD Crucial m4 512GB(スクリーニング済み
CD/DVD DVDスーパーマルチドライブ
ビデオ NVIDIA Quadro 2000 1GB PCI-E
サウンド 内蔵サウンド機能
ネットワーク 10/100/1000Base-T x2
外部I/F USB2.0 x4 / シリアルポート x1 / PS/2 x2
内部I/F (1) PCI-E Gen3 (x16スロット)x1 / PCI-E Gen2 (x4スロット)x2
内部I/F (2) PCI x3 / S-ATA 6Gb/s x2 / S-ATA 3Gb/s x4
筐体 タワー型 CSE-733TQ-465B
外形寸法 幅178x高さ427x奥行x531(mm)
入力デバイス PS/2&USBオプティカルマウス・PS/2日本語キーボード
その他  
保証期間 1年間(延長保証サービスあり
備考  
このページを見た人はこんな商品も見ています。
詳細をみる
Stataによる解析のためのコンパクトPC
詳細をみる
SPSS用PCの製作事例
詳細をみる
16コアCPU、64GBメモリの解析用WS