試作機製作サービス・評価機貸出サービス

ご利用の流れ

FAQ

お客様の声

取引実績

サポート

サポート

テガラならではの産業PCに関する情報を公開しています
技術情報・PC関連記事
 テガラ運営サイト

研究PCおてがら屋:技術情報ページ
HOME > FAQ > 製品について

FAQ

製品について

Q 価格帯はどのくらい?
安価な構成では10万円から製作でき、高価な場合は100万円を超えることもあります。15万~25万円程度の構成がもっとも売れ筋です。なお、産業用PCとして信頼性・耐久性を確保するため、1台あたり10万円以上から製作させていただいております。
Q 利用したい用途にEmbeddedライセンスが適用できるかわからないのですが…。
Embeddedライセンスの詳細や適用条件につきましては、 弊社の解説ページおよび以下のWEBサイトをご覧いただきご判断ください。
http://www.microsoft.com/
Q 客先へ自社ブランドで販売するため、テガラのロゴマーク等を消して欲しい
対応できます。ご相談ください。
Q Embeddedライセンスと通常のライセンスでOSの中身に違いはありますか?
ライセンス規約が異なるだけで、OSそのものは通常のOEM(DSP)版とまったく同様です。
Q 保守部品を同時購入することはできますか?
はい、ご購入いただけます。ご自分でパーツの交換を行えるユーザー様には、万が一の際のダウンタイムを最小限に抑えるため、テガラとしても保守部品をユーザー様の手元に置かれることを推奨しています。
Q HDDのスクリーニングとはどのようなものですか?
弊社では品質向上のために、PCに搭載するすべてのHDDについてスクリーニング(選別試験)を実施しています。弊社独自の基準を満たしたHDDのみ利用し、基準を満たさないHDDはたとえ動作していても利用しません。


具体的なスクリーニングの内容としては、HDDの全セクタへのデータ読み書きを 通じて不良セクタの有無や速度、温度を確認したり、一部のS.M.A.R.T項目を チェックして数値に異常がないか確認する…といった作業を行っています。 異常な数値が見つかったHDDは除外し、正常な値を示したHDDのみ利用しています。

なお、P-ATA規格のHDDと2.5インチHDDでは現在のところスクリーニングを実施しておりません。
Q 防塵タイプのPCは製作できますか?
求められる防塵レベルにもよりますが、製作できます。まずはご相談ください。
Q 24時間365日稼働に耐えるPCは製作できますか?
はい、製作できます。しかしながら、確実な動作を保証するものではありません。どこまで信頼性を高めるかはコストとの兼ね合いになりますので、ご相談ください。比較的安価なPCであっても24時間365日稼働で5~10年安定動作した事例は多数あります。
Q 希望するソフトウェアをあらかじめインストールしたり、指定する設定を行った上で出荷していただくことはできますか?
はい、できます。内容によっては追加費用がかかったりお断りさせていただく場合もありますが、まずはご相談ください。
Q PC内部のコネクタ周りがボンドのようなもので固定されているのですが、これはなんですか?
弊社製PCは、標準的にホットメルト接着剤(※)によるケーブルの抜け止め処理を行った状態で出荷しております。
(※熱で溶け、冷えることで固まる非電導の樹脂)

これは、輸送時の振動などによる、ケーブルの抜けや接触不良がPCの正常な起動を妨げることを防ぐための処理です。ご了承ください。


【ホットメルト加工箇所の一例】

・マザーボードと光学ドライブ、HDD の S-ATA/P-ATAケーブル接続部分
・光学ドライブ、HDD、FDDの 電源コネクタ
・マザーボードとFDD のケーブル接続部分
・フロントパネルコネクタ (スイッチ・LED)


ホットメルト加工箇所
↑コネクタ接続部分に付着した透明のゲル状のものがホットメルトです。
Q ホットメルト接着剤を除去する際はどのようにしたらいいですか?
ホットメルト接着剤は、 ドライヤーの温風などで温めることにより、剥がしやすくなります。 お客様にて剥がされる場合には、 加熱のし過ぎによる火傷・PCの破損にご注意いただいた上で、 行なっていただけますようお願いいたします。

なお、お客様にて接着剤をはがされた事による製品の破損については、 弊社では保証いたしかねますので、ご注意いただけますようお願いします。
Q ホットメルト接着剤による抜け止め処理は不要。処理なしで納品して欲しいのですが・・・
接着剤による抜け止め処理が不要なお客様は、ご注文の際にお申し付けいただけますようお願いいたします。
(出荷後のホットメルト除去作業は有償での対応となります)

※抜け止め処理を行わずに出荷したPCは、ケーブルなどの抜けや接触不良が発生している可能性が考えられますので、ご注意ください。